ホノルルフェスティバル初日日記

|

第16回ホノルルフェスティバルが無事に終わりました。

私は、3月12日(金)初日のコンベンションセンターで開催されたエデュケーショナルスクールツアーの取材に参加させてもらいました。
金曜日はエデュケーショナルプログラムという事で、まだ一般開放されていなかったのですが、地元の小学生、中学生、高校生、ホームスクールが会場見学とカルチャー体験をするために参加し、日本、アラスカ、オーストラリア、などなど太平洋岸の国々からホノルルに集まったグループが踊りや文化の伝承をしていました。

コンベンションセンター内の様子はと言いますと、まず広い会場に入ってすぐに、鳴り響く和太鼓の音色に圧倒されました。力強く振り上げられる腕、そして切れのいい音の波・・・仕事で現場に行ったはずなのに、思わず聞き入ってしまいました。
太鼓のパフォーマンスは3団体いらっしゃったのですが、それぞれに特徴があり、参加者を目と耳で楽しませてくれました。プログラムに参加した学生さんたちも、実際に和太鼓演奏に挑戦してみたりと、楽しい触れ合いの場になっていました。
その他にも、オーストラリアのアボリジニーやアラスカ先住民族の踊り、ゲーム、折り紙、けん玉、キルトなど、盛りだくさんのプログラムが開催されていました。

和太鼓演奏に参加する生徒たち

和太鼓演奏に参加する生徒たち


私は、ビデオ担当の方と一緒に、各参加団体や先生、そして生徒たちに、インタビューをさせて頂いたのですが、コメントをくれた方々が、国際化が進む現在、各国の文化継承と、その交流の場を子供たちが体験することの素晴らしさについて話して下さったのが印象的でした。色々なお話を伺っていると、必然的に歴史の話なども(必ずしも楽しい話ではない)も出てくるのですが、そういった、全ての思いを含め、こうした美しい踊りや、美しい音色、そして表現によって、伝統文化がいけ継がれているのだと思うと、それぞれの国が、とても尊いものに感じられました。好奇心いっぱいの、子供たちの視線もとっても素敵でした。

お神輿を見つめる子供たち

アボリジニーの踊り

午後になってオフィスに帰ってくると、映像担当の方が、取ってきた映像をいち早くウェブサイトにアップしていて、その速さに驚いていると、オフィスの電話がなり、出てみると、コニシキさんからの電話で、さらに驚いてしまいました。
数分後に、コニシキがオフィスにいらっしゃり、なんだかドキドキ楽しい1日でした。