プロデューサーはどこですか?

|

プロジェクトが各担当部署に予算が振り分けられて運営されることはよくあることです。
会社でもそうですね。大きな会社、団体、プロジェクトになればなるほどそうだったりします。

予算が割り振られ、それぞれの担当部署でそれぞれなすべきことがされていく・・・
問題はなさそうな気がします。が、実際、別の部署で行われていることがお互いに見えていなくて、重複したところに予算が使われていたりすることがあったりします。

なんででしょう?

それはきっと 「プロデューサー」 役がいないからです。
プロデューサー役は、全体を見渡し、目的やミッション、ゴールに向かって、やると決めたことを各部署がちゃんとやれているのかをチェックしながら、総合的に進めていく役割の人です。予算の管理も含めて、“全体が上から見えている人” です。

そいう人がいないと、連携したPRができなかったり、無駄なところにお金が使われたり、進むべき方向がずれてくるところがでてきたりとあまり良いことにはなりません。

何かを動かすには、プロデューサー役を置かないとたくさんの「もったいない」が発生します。
人の力やお金を最大限に活かして、良いものを世に送り出すためにはプロデューサー役が絶対に必要だと思うのです。

 たくさんの花たち