CMSで更新が簡単に?

|

CMSってご存知ですか?

CMSは、Content Management System(コンテンツ・マネジメント・システム)の略で、コンテンツをマネージメントできるシステム、つまり、文章や画像などのコンテンツを変えたり、消したり、追加したりできるシステムです。

もっと分かりやすく言うと、アメブロやYahoo!ブログなどの無料ブログのように、ウェブを作るためのソフトやウェブの専門的な知識がなくても、ウェブの画面(ウェブブラウザ)で文章を書いたり、写真を入れたりできるあの感じです。

そのため、巷では「CMSは誰もが簡単に更新ができるシステムです!」と言われています。
そこで、ホームページ制作後の修正やアップデートなどのメンテナンス費用を削減するために、企業のサイト制作などにも導入したりします。

CMSは、確かに簡単に更新ができるシステムです。
でも、更新をするのは、そのシステムを使う『人』で、更新をやるとなると、色々大変で手間がかかるものです。

 更新をする時間が必要です。
 人が読んでわかるような文章を書きます。
 写真やイラストを用意します。
  古くなった情報などを定期的にチェックします。 などなど・・・

実際にそのシステムを使って更新する人は、やっぱりそれなりの時間がかかるので、できれば専任の担当者をおきたいところです。
 

また、CMSは、導入時にテンプレート(基本となる形)を作るので、更新をしていて、細かい部分のレイアウトで「ああしてみたい、こうしてみたい」ということが出てきた場合に、できないこともあります。できたとしても、ちょっとウェブの知識が必要になったりします。

だからこそ、最初のCMS導入時にお客様の「こうしたい」というご希望を細かいことまでおうかがいすることが重要になり、制作前の「どう作るか」、つまり「仕様」をじっくり真剣に考え、お客様と同じ完成形のイメージをもつことが大切になります。そうでないと、出来上がったときに「こんなことはできないの?」ということになってしまうのです。そうなると、後から時間もコストもかかってしまうなんてことが・・・ なので、そんなことがないように最初が肝心、真剣勝負(←別に勝負はしなくてもいいですね・・・)、その段階が一番タフで気を遣うところです。
最初に私達にたくさん質問された記憶があるこれまでのお客様、それはそんな理由からだったんです。どうかお許しを・・・


CMSは、更新の作業自体が楽になる訳ではないかもしれませんが、サイト作りのプロでなくても簡単更新できるという点ではとても良いシステムです。ちょっと修正したいだけなのに、制作会社に修正を依頼しないといけないというフラストレーションや手間もなく、情報を追加したいと思ったその時に追加できたりするので便利だと思いますよ。


道端に咲く花
道端でよく見かけるそんなに大きくもない黄色い花。
あまりにもたくさん咲いているため、時々、草刈機でガーっと刈られてしまいます。
でも、いつの間にかまた黄色い花で覆われます。可憐に見えながらもたくましい花です。