社長ブログの最近のブログ記事

先週突然クレジットカードが使えなくなりました。

電話にカード会社からメッセージが入っていたのですが、

詐欺もしれないので、メッセージの番号に折り返さずに、

念のためカード会社の番号を調べて電話しました。


担当の部署につながって最初に聞かれたのが

「先週カリフォルニアのBest Buyで$1300位使った?」

「日本には行ってたけど、カリフォルニアには行ってません。

Best Buyで買い物もしてません。」

と答えると、

最後に使ったのはマルカイ?と聞かれて

「そうです。」と返事。

「誰かが使ったことになってるので新しいカード送るからね。」

「はい、お願いします。」

ということで週末にカードが届きました。


クレジットカードが知らない人に使われることは2回目か3回目くらい。

今回はカード会社が未然に防いでくれて助かりました。


前回は数年前ですが、謎の$9.95位が請求明細に。

すぐに気づいてカード会社にFraud Reportを送ったので事なきを得ましたが、

$10くらいっていうのが上手な手口だなぁ。

と思いました。

それくらいなら気にしない人は結構いそうですよね。

カード会社さんの対応が早くてレポートも出さずにすみ助かりました。


カード詐欺にあったら
How to Report a Fraud or Scam
http://www.consumerfraudreporting.org/reporting.php

海外でのカード利用上のご注意(JCBさんのサイト)
http://plaza.jcb.co.jp/travel/guide/beginner/cautions.html

>

シェア

結果を出すには時間が必要

|

CUTEには昨年インターンをしてくれたMスィーが残してくれたアボカドがいくつかあります。
キュートアボガド
http://www.cuteweb.jp/2009/05/20090508.html

Mスィーアボガドに触発されて5月ころに新しいアボガドの種を育てはじめました。
6月はぜんぜん育たないし、これは駄目なのかな?と思っていたのですが、7月になり葉が出始めました。

avo20090710.jpg

最近昨年制作したひとつのプロジェクトをクライアントご担当者様により大きく活用していただける動きがありました。
これは2年前からお客様の課題を解決するためにCUTEスタッフが考えてくれて、半ば勝手プロジェクトとして実行させていただいたプロジェクトです。

そのことをクライアント様のボスはずっと見ていてくださって、何気ない会話の中で「2年かかったけど」とおっしゃってくださいました。
その言葉を聞いて、私たちの意図はずっと理解していただいていたんだと再確認できて嬉しくなりました。

お客様は皆様ご多忙で、問題解決の必要性は理解していても、ご担当者様レベルで対応に充てることができる時間やモチベーションにばらつきがあります。

これは社内的にも言えることで、同じ問題解決案を提示していても、その必要性を必要な人が理解したときに初めて解決案が機能できるのではないか、という気がしています。

ものごとは1週間やそこらで、芽を出したり劇的に受け入れられたりすることはないんですね。

短期的には目に見える結果が現れなくても、根気よくお水や太陽を供給しつづけることが大事だと思い知らされました。

ハワイの south shore は穏やかで良い天気です。


シェア

コニシキさん

|

昨日、7月4日に行われるコニシキキッズ・オハナディの会場スタッフのミーティングがあったので
打ち合わせと取材を兼ねて行ってきました。
コニシキさんは本当に発想豊か。ナナクリ、ハワイの教育事情をKIDSの親たちと話して情
報交換をしながら問題点を把握したり、本気で地域を良くしたいと思っているこ
とがよくわかる。
かと思えばOhana Dayの企画で、レモン・ドロップ・キャンディーを粉の中に入
れて探したら、顔が真っ白になって面白いよね、なんてゲームの企画を考えて親
やKIDSたちを笑わせたりしている。おもしろいことが大好きなんだ。このへんの
バランス感覚ってアメリカ人だからすごいのか。コニちゃんがすごいのか。
コニシキさんが話すとみんなが「よし、やろう」って気になっている気配が生まれる。

見習わないと。私はユーモアなく語りすぎて、今日は2度ほどドン引きな気配を生んでしまった。。。

日本語であそぼのコニちゃんはKIDSの親にも人気だった。


コニシキキッズ オハナディのサイト
->第2回オハナデイが2009年7月4日に開催!KONISHIKIもやって来る!

 


シェア

マイケルジャクソン死亡

|

ロス・アンジェルス・タイムズは深刻な昏睡から死亡とお医者様が宣言したと伝えています。
http://www.latimes.com/

UCLAメディカルセンターには多くの人が集まってきているようです。

さっき、マイケルジャクソンのヒット曲 ブラック & ホワイト*の映像が流れていたけど、曲も、彼の容貌もものすごくパワーがあって、自然で良かったような気がしました。
その後の彼の変貌が彼の寿命を早めたのでなければよいのですが。

高校3年の大晦日に悪友7人でタクシー1台に無理やり乗せてもらって京都まで行ったことを思い出しました。
深夜に入った Cafe Barで 当時流行ったMTVでビリージーンやビート・イットが流れていました。 特にビート・イット(Beat It)はヴァンヘイレンのソロギターやナイフを組んだ手が印象的なビデオクリップがかっこよかったなぁ。
受験は推薦で入った一人を除いて全滅で。飲み物は正月料金で。

ご冥福をお祈りいたします。

(*ブラック & ホワイトは ブラック or ホワイトの誤りでした。2009/6/26)


シェア

ニューヨーク カーターホテル

|

アメリカ好きだったかも。

ニューヨークには学生時代にしか行ったことがない。
West 43rd St、ニューヨークタイムズの向かいにあったカーターホテルが便利で安かった。

カーターホテルって呼んでたような記憶だけど、今見たら、
Hotel Carter っていう名前だったんだね。

一泊$40位だったような。
確か上の方の階がドミトリーのようになってて、そこはもっと安かった。

ニューヨークでは毎夜クラブめぐりをしていた。
22時位にカーターホテルを出て、地下鉄でチャイナタウンに行く。
ラーメンかなんかを食べて、ブッチャー街のクラブに行く。
12時を回ってから盛り上がるので、4時くらいまで遊んでユースに帰る。

帰りも地下鉄。ホームには「mid night safty zone」だったかな?
「危険防止のため、深夜にみんなで固まって電車を待ちましょ」
って感じのゾーンがあったけど、いつもほとんど誰もいなかった。
あとで映画「ゴースト」を見たとき、ほんとに夜中のニューヨークの地下鉄の駅が
そのまんま出てきたのでちょっと感動した。

ガイドブックには「危険なので夜のその辺には行かないように。」
と書いてあったけど、そんなことは無視して行っておきながら、
「路地から連れ込まれたりしないように歩道を歩くときはなるべく車道側を歩きましょう」
という教えは守って、誰もいない真っ暗な歩道の車道側を歩いていた。

撃たれたら死ぬんだろうなと思って歩いていたけど、
あんまり怖さは感じなかった。

失うもの、守るものなかったもんね。


シェア

エンジョイ・ユア・ライフ

|

むかーしアラスカに行った時、
ベティーさんという人のB&Bにお世話になった。

フィギアスケートの伊藤みどりさんのファンだった。

朝、ちょこっとご飯をつくってくれて、
その後は、結構、家にいない。
テニスに、あれや、これや、なんだかんだと・・・

ある日、しばらく家を空けると言う。
「どこいくの?」
と聞くと国勢調査のボランティアでアラスカをバローから回るのだという。

当時もう結構なおばあさんという感じだったので、
「なぜ毎日そんなにアクティブに動き回るの?」と聞くと
「人生は短いでしょ、 エンジョイ・ユア・ライフ!」
と教えてくれた。

ものすごくショックを感じた。

当時まだ日本人は “働き蜂” といわれていた時代で、
父も母も祖母も1日中ずっと働いていて、
「人生はエンジョイするものよ」とは教えてくれなかったし、
もちろん、学校でもそんなことは習わないし・・・

どちらかというと「人生は修行」って感じだったかも。

ハワイの空は青い。それだけで。。。


シェア