企画・制作・運営・PRを行なうハワイのクリエーティブ&コンサルティング会社でタグ「ホノルルフェスティバル」が付けられているもの

言葉のニュアンス

|

ウェブのコンテンツにしても、動画にしても、日本語と英語のものを作ることが多いです。

キュートウェブでは、英語のものを日本語にする場合には、英語が読める日本語ネイティブが英語から日本語に訳し、日本語を英語にする場合には日本語が読める英語ネイティブが日本語から英語に翻訳します。
 
そこで、いつも困ってしまうのが、それぞれの言語の持つ「ニュアンス」です。
 
例えば、日本語から英語にした時、英語が読める日本語ネイティブが内容をチェックします。
 
日本を英語に直して終わり、英語を日本語に直して終わりではないんです。
つまり、そこにそれぞれの言語が持つ「ニュアンス」を確認する作業をします。
 
直訳するだけでは伝わらない、ちょっと違うんだよなーということは結構あります。
その後ろに、その言葉を使う「文化」や「慣習」が深く関係してくることもあります。
翻訳するにも、その背景にあるものの知識がないとできないことがあるので、必ずと言っていいほど、リサーチや勉強をします。なので、結構時間がかかるんです。
 
今回、3月のホノルルフェスティバルで長岡の花火が上げられるということで、新潟県の長岡市長さんのインタビューをさせていただき、日本語と英語で記事を作りました。
実際にお会いする前に、長岡のこと、長岡花火のこと、長岡市長さんのことをたくさん調べました。記事を作る時にもあれこれ調べながらやりました。初めて知るようなこともあって、勉強になりました。
 
とても良いお話でした。
なぜホノルルで長岡の花火が上げられることになったのかや市長さんの志しが語られたとても良いお話です。
 
英語に翻訳した記事を読みながら思わず涙が出そうになりました。
どうしてって?
市長さんのあの話を英語にして出すことで、市長さんの思いを世界の人達に伝えることができる・・・そのお手伝いができる、それが何だかうれしくて、感激してしまいました。
市長さんのあの思い、世界中のたくさんの人に知ってもらえるとうれしいです。
 
もしよければ、読んでみてくださいね。
 
 
新潟県長岡市長インタビュー

[ 英    語 ] http://www.honolulufestival.com/eng/reports2011/nagaoka02.php

[ 日本語 ] http://www.honolulufestival.com/jp/report2011/nagaoka02.php

 
ヒルトンハワイアンビレッジ
ルトンハワイアンビレッジのあまり目立たない一角にある庭園
南の島を思わせる草花と竹が一緒に植えられていてちょっと不思議

シェア

憧れの新潟県長岡市長さん

|

今年のホノルルフェスティバルの見所の一つでもある新潟県の長岡花火の打ち上げ。
それにあたり、昨年末に、新潟からその長岡花火の関係者の方がホノルルにいらっしゃるということで、インタビューさせていただきました。

その第二段として、近く長岡市の市長さんのインタビューがあります。

ホノルルフェスティバルに長岡花火がやってくるとなってから、長岡花火のことだけでなく、長岡の市長さんの記事やブログを見つけては読ませていただいています。
そして、長岡の市長さんにとても興味を持ちました。なので、今からお会いできるのが楽しみなんです。

昨年8月の長岡花火で、地元FM局が行ったライブストリーミングで長岡市長さんがお話されていたのですが、地域が発展するパワーの源は 『市民力』で、市民の皆さんが自分達の住む地域に愛着と誇りを持つことでそれが発揮できるとおっしゃっていました。

また、「花火外交」とおっしゃっていましたが、長岡の花火をきっかけに多くの人に長岡を知ってもらえるように頑張っているとも言っておられました。

東国原元宮崎県知事や橋下大阪府知事は、テレビ等でしばしば熱い思いと信念を持って県民ために一生懸命働く姿を見ましたが、長岡の市長さんにも同じものを感じ、正直、感動しました。
偉そうですが、「長岡は大丈夫!」と思いました。長岡の市民の皆さんをうらやましくも思いました。

長岡の市長さんがおっしゃっている 市民の皆さんが自分達の住む地域に愛着と誇りを持つことで生まれる『市民力』が地域の発展につながるということに関しては、私達もその通りだと思っています。

実際、数年前から 

“ ホノルルフェスティバルを ホノルルの人に愛されるようなイベントにする ”
” ホノルルフェスティバルを 地元の人に支えられたイベントにする "
“ ホノルルフェスティバルを ホノルルの人が自慢できるイベントにする ”

ということをゴールに掲げて、社内、社外で言い続けてきました。

そして、昨年2010年からは地元の大学の学生と "Share your Voice" というプロジェクトを立ち上げ、学生の皆さんにフェスティバルに参加してもらうことにしました。
会場でのインタビューやステージの様子、パレードなどをライブストリーミングし、ホノルルフェスティバルを世界に配信するのです。

ライブストリーミングをするという話が出たときに、単にプロ軍団でそれをやってしまうというのはもったいないと思いました。ホノルルフェスティバルが地元コミュニティーと結びつきを築くためにも、フェスティバルを地元の人(= 学生)に知ってもらうためにも、地元の学校の学生さん達が参加して一緒にやることが重要で、それが目指していることにつながると思ったのです。

学校という地元のコミュニティー、そして若い世代に、ホノルルフェスティバルをに見て体験し、知ってもらい、一緒に盛り上げ、プロジェクトを成功させるということから始めて、ホノルル、ハワイの人達が世界に誇れるようなフェスティバルになっていくことを目指しています。

今年2011年も、学生の皆さんとのプロジェクト"Share your Voice" をやります。実は明日、そのことで学校へ行きます。キラキラ光る才能を持った学生さんがたくさんいるんですよ。

その学生さん達と一緒に、長岡の市長さんの「花火外交」に大きく貢献できれば、これほどうれしいことはないです。
 

KCC 2010
2010年のShare your Voice プロジェクトメンバー

 


シェア

困ったときにはお気軽にご相談ください


twitterのつぶやきをブログ形式で
キュートウェブのついろぐ
携帯で見る場合はQRでどうぞ
キュートウェブのついろぐ