スタッフブログ: 2010年9月アーカイブ

東京からハワイアン気分?

|

ハワイアン航空に正式に許可が出て、羽田-ホノルル線を運行できるようになったそうです。開始予定日は今年の11月18日。

羽田といえば、昔はチャイナエアライン(中華航空)のホノルル便が飛んでいましたね。成田に行くより羽田のほうが便利なことと、料金がお安いことで、時々利用させてもらっていました。
 
今は、某航空会社のマイレージに完全にロックインされてしまっているので、すっかりご無沙汰してしまっています。スチュワーデスさんの感じと機内食もなかなかよかったように記憶しています。
 
 
成田は遠い・・・です。大抵あと1時間というぐらいの所で、突如、「あぁ、まだかなあぁぁ・・」という気分に襲われます。そうなると、少々辛くなってきます。
 
羽田、いいですねぇ。羽田からハワイアンな気分になれるんでしょうか?ちょっと乗ってみたいですね。
 
総座席数264席のボーイング767で毎日運行!
羽田 23時59分発 / ホノルル 12時05分着
ホノルル 18時05分発 / 羽田 22時05分着
 
予約開始は、今日23日から始まっています。
 
ハワイアン航空 日本語ウェブサイト
http://www.hawaiianairlines.co.jp/

ダイヤモンドヘッド
飛行機の中から撮ったダイヤモンドヘッド。
ダイヤモンドヘッドにしてみたら、頭を上から見ないでぇ~って感じでしょうか・・・


シェア

秋分の日に叱られる?

|

9月23日は秋分の日ですね。

この日を境に、昼と夜の長さが同じになると言われています。
確かに最近、日に日に日が短くなってきたなぁと実感しています。
でも、実際のところは、まだ昼間のほうが長いらしいですよ。

さて、「秋分の日」は、ご先祖さまのことを思い出し、感謝し、また、亡くなった方を偲ぶ日でもあるそうです。

 昔、宜保愛子さんという霊能者の方が、テレビ番組にしばしば出演されて、一躍脚光を浴びたことがあります。とんねるずの石橋貴明さんが宜保タカ子(いぼ たかこ)とか言って真似ていたりもしていました。「いぼいぼ、イボイボ・・・」とか言いながら霊視するのマネをするんですよね。

当時、宜保愛子さんの霊視が本物かどうかなんてことも話題になっていましたが、それはそれとして、彼女が霊視をした後に言う「教え」は、いつも大体、「ご先祖さまに感謝してくださいね。亡くなった方を大切に思ってくださいね。」という事だったように思います。

「特別な事はしなくてもいいから、自分がお茶を入れる時にちょっとご先祖さまのことを思い出して供えてみる、そんな事でいいんですよ。」と、そんなに難しくないことを教えてくれたように思います。

そうですよね・・・ 何か良いことがあった日、何だか気分が落ち込んだ日、もちろん「秋分の日」、きっかけは何でもいいので、お茶でもゆっくり入れて、ご先祖さまに語りかけるようなそんな時間があってもいいですよね。

それぐらいの心と時間の余裕がなくてどうするっ!とご先祖さまに叱られてしまいますね。

月
天体望遠鏡のファインダーにカメラを密着させて撮りました。
月ぐらい近いとクレーターまで写ります。ちょっとビックリ。

シェア

金曜日はどこぞも・・・

|

今日は金曜日。ハワイでは、金曜日のことを「アロハフライデー」と言います。
どこの国も一緒で、金曜日は何となくソワソワ、ワクワクしてくるものです。

ハワイのあるラジオ・ステーションでは朝から「イッツ アロハ フライデ~、ノーワーク ティル マンデ~。デュルデュルデュル デュデュビュデュビュ・・・」と陽気な音楽が頻繁に流れて、もう仕事なんてしてらんないっ!って感じになります。
 
It's Aloha Friday, no Work 'til Monday...  訳すと、「今日はアロハフライデーだぜぇい!月曜まではお休みだ~!」ってところでしょうか。デュルデュルデュル デュデュビュデュビュのところは、聞き取った感じなので、気になる方は、youtubeの動画で実際に聞いてみてください。そして、朝からこの曲がかかる金曜日もぜひ想像してみてください。
 
アロハフライデー(youtube)
 
 
ところで、ハワイで使われるこの「アロハ」という言葉、5つの言葉の頭文字を集めてできた言葉だとご存知でしたか?
 
A=akahai      やさしさ・思いやり
L=lokahi        調和、融合
O='olu 'olu    喜び、楽しい
H=ha'aha'a   謙虚さ
A=ahonui      忍耐
 
思いやりをもって、分かり合い、喜びを感じ、謙虚になり、我慢する・・??後にいくほど、ちょっと厳しい感じになっていくような・・・ でも、人と人が笑顔で接するには、多少なりとも謙虚な気持ちや我慢も必要なのかもしれませんね。
 
ハワイの人たちがにこやかに「アロ~ハ!」という、その言葉のもつ意味は意外と深いものなんですね。
それらを全部含めて、他人を受け入れるということが、アロハスピリッツと言われるものなのかもしれません。

Happy Aloha Friday !!
 
アロハ
ハワイ島(ビッグアイランド)に行くと、黒い大地に白いサンゴで文字が書かれている光景を目にします。

シェア

CMSで更新が簡単に?

|

CMSってご存知ですか?

CMSは、Content Management System(コンテンツ・マネジメント・システム)の略で、コンテンツをマネージメントできるシステム、つまり、文章や画像などのコンテンツを変えたり、消したり、追加したりできるシステムです。

もっと分かりやすく言うと、アメブロやYahoo!ブログなどの無料ブログのように、ウェブを作るためのソフトやウェブの専門的な知識がなくても、ウェブの画面(ウェブブラウザ)で文章を書いたり、写真を入れたりできるあの感じです。

そのため、巷では「CMSは誰もが簡単に更新ができるシステムです!」と言われています。
そこで、ホームページ制作後の修正やアップデートなどのメンテナンス費用を削減するために、企業のサイト制作などにも導入したりします。

CMSは、確かに簡単に更新ができるシステムです。
でも、更新をするのは、そのシステムを使う『人』で、更新をやるとなると、色々大変で手間がかかるものです。

 更新をする時間が必要です。
 人が読んでわかるような文章を書きます。
 写真やイラストを用意します。
  古くなった情報などを定期的にチェックします。 などなど・・・

実際にそのシステムを使って更新する人は、やっぱりそれなりの時間がかかるので、できれば専任の担当者をおきたいところです。
 

また、CMSは、導入時にテンプレート(基本となる形)を作るので、更新をしていて、細かい部分のレイアウトで「ああしてみたい、こうしてみたい」ということが出てきた場合に、できないこともあります。できたとしても、ちょっとウェブの知識が必要になったりします。

だからこそ、最初のCMS導入時にお客様の「こうしたい」というご希望を細かいことまでおうかがいすることが重要になり、制作前の「どう作るか」、つまり「仕様」をじっくり真剣に考え、お客様と同じ完成形のイメージをもつことが大切になります。そうでないと、出来上がったときに「こんなことはできないの?」ということになってしまうのです。そうなると、後から時間もコストもかかってしまうなんてことが・・・ なので、そんなことがないように最初が肝心、真剣勝負(←別に勝負はしなくてもいいですね・・・)、その段階が一番タフで気を遣うところです。
最初に私達にたくさん質問された記憶があるこれまでのお客様、それはそんな理由からだったんです。どうかお許しを・・・


CMSは、更新の作業自体が楽になる訳ではないかもしれませんが、サイト作りのプロでなくても簡単更新できるという点ではとても良いシステムです。ちょっと修正したいだけなのに、制作会社に修正を依頼しないといけないというフラストレーションや手間もなく、情報を追加したいと思ったその時に追加できたりするので便利だと思いますよ。


道端に咲く花
道端でよく見かけるそんなに大きくもない黄色い花。
あまりにもたくさん咲いているため、時々、草刈機でガーっと刈られてしまいます。
でも、いつの間にかまた黄色い花で覆われます。可憐に見えながらもたくましい花です。

シェア

片付け上手

|

片付けが大好きです。
暇があれば片付けをし、イライラすれば片付けをし、片付けをしているだけで楽しい気分になります。

実は、この片付け好き、ホームページ作りにも大変役立っています。
「物」を片付けるか、「情報」を片付けるかの違いだけで、基本的には一緒な気がします。

つまりこういうことです。

1. 最終的にどこにどう納めるかの予想図を描く。
2. いるもの、いらないものを分別する。
3. さらに分類分けをする。
4. 入れる場所を決める。
5. わかりやすいように入れていく。

入れるときにも、色別や大きさ別に並べたりすると見た目が美しくなります。
ラベルを貼ってみたりすると、視覚的にとてもわかりやすくなります。

情報もカテゴリーに分けて、目につくようなアイコンやタイトルをつけると、欲しい情報が探しやすくなります。
内容が重複していたり、文章が多すぎれば、かえって分かり難かったりすることもあります。

ね、一緒だと思いませんか?

キュートウェブに面接に来る方に、必ず質問することがあります。
「部屋はきれいですか?」 「片付けは得意ですか?」

そうなんです。片付けが上手な人は、それ自体がすごい能力になり得るのです。

でも別に私にすごい能力があると自画自賛しているわけではないですよ。
『片付けが好き』 なのと 『片付けが上手』 は違いますから・・・


サチュラケーキのカップケーキ
ホノルルにあるサチュラケーキのカップにはいったケーキ。
手がビタビタにならずに食べやすいので、差し入れに持って来い!失礼しました。「差し入れにもってこい」です・・・

 


シェア

オアフ観光局が日本語ウェブサイト(ホームページ)を立ち上げることになったのは、今から10年前の2000年のことでした。なんともう10年も経つんですね。ビックリです。

その頃、ウェブサイト(ホームページ)は、メディア/営業ツールとして全くといっていいほど期待されていなくて、中には「名刺にホームページのアドレス(URL)を載せたいので、とにかくホームページのアドレスがあれば何でもいい」というご依頼もありました。

そんな中で、オアフ観光局のウェブサイトは、立ち上げ当初から明確な目的をもって始めたサイトでした。

その一つは、日本にいながらにしてハワイの最新情報がわかり、ハワイをもっと身近に感じてもらえて、ハワイに行きたいと思ってもらおうと一般の人に向けたメディア的な役割。そして、旅行業界・各メディア業界の方たちを対象としたパンフレットやポスターなどのPRグッズの配布やセミナー報告・資料などを提供するためのものでした。

立ち上げ当時のインターネット環境は、電話回線(ダイヤルアップ)でネットにつなぐという時代で、大きな画像を入れると、ページが重くてなかなか開かないということが起こり、ページを早く表示させるために、画像ファイルサイズを小さくするのはもちろん、一つの画像を小さく切り分けるなど、四苦八苦しながらいろいろ工夫していたことを思い出します。今より断然手間がかかっていましたね。

そして、2002年から動画の配信を始めました。
この頃もまだ、デジタル回線が普及する前で、電話回線(ダイヤルアップ)接続でウェブを見ている人が多かったです。そんな環境だったこともあり、当時、動画の配信は珍しかったと思います。
電話回線(ダイヤルアップ)用とデジタル用の回線別に2種類の動画を作り、それでも日本から「動画がカクカクする」という声が聞こえてきたりしてました。

でも、“新しいことをやっている” ということがプロモーションになると考え、「これからインターネット環境は良くなっていくので、気にせず、どんどん動画を出していこう!」と突き進み、毎月1本のペースで公開していったのでした。

思い起こせば、あの頃はサイトのコンテンツ作りに今では考えられないような手間や気遣いが必要でしたね。
いや~、実に懐かしいです。


そんな時代から始まり、この10年、オアフ観光局の日本語ウェブサイトの運営の中で、たくさんの人と出会い、一緒に仕事をさせていただきました。企業のPR担当者の方、イベントの主催者の方、ビデオグラファーさん、カメラマンさん、ライターさんなど、実に多種多様な分野の皆さんとお会いしました。

そして、今は毎月4人のライターさんと一緒に仕事をしています。

オアフ観光局のウェブサイトは、毎年、ハワイ州のプロモーションプランやウェブサイトのアクセス解析の情報などを踏まえた上で、その年のメインとなるテーマを決め、更にそれに基づいて毎月の更新記事のトピックスを決め、半年から1年のスケジュールを立てています。そして、各トピックスの専門分野のライターさんと連絡を取り合いながら、毎月の更新を行なっています。

ライターさんにより対応方法も様々で、締め切りより前に原稿をあげてくれるライターさんも入れば、締め切りになっても、なお悩んでいるライターさんもいます。作家付きの編集者のように「進み具合はどんな感じですかぁ~?」 とお伺いを立てることもありますし、アイデアを一緒に考えることもあります。

時には、あがってきた原稿に「ここのところに、XXXな情報があったほうがいいので、足してもらえますか?」と、再度お願いすることもあります。

そうして出来上がってきた原稿を更に編集してウェブの形にして公開します。ライターさんは、雑誌など紙媒体の仕事をなさっている方が多いので、ウェブ特有のSEOを踏まえた書き方に直したり、少し難しい内容のところがあれば、やさしい言い方に変えたりするのです。

定期的に毎月、月初に更新されるオアフ観光局のサイトですが、その裏にはそんなやり取りが毎月行なわれているんです。

今月もそろそろ締め切りがやってきます・・・
ライターの皆さん進み具合はどうですか? 


オアフ観光局ウェブサイト
オアフ観光局ウェブサイト
http://www.visit-oahu.jp


シェア

笑顔で元気に

|

毎日、毎日、あっという間に一日が終わっていきます。

「ハワイはのんびりしていて良いなぁ」とよく言われますが、ハワイだからと言って、のぉ~んびり仕事ができるというわけではありません。

ただ、日本で仕事をしているよりは、楽に感じるかもしれません。『楽』というのは、仕事が「容易い」とか「簡単」ということではありません。仕事は仕事、どこでやっても仕事です。

何が『楽』に感じさせてくれるかというと・・・

まず、通勤。満員電車に揺られて1時間、ざっざっと音を立てながら進むたくさんの人に囲まれながら歩くアスファルトの道・・・そんな通勤はありません。

そして、過ごしやすい気候。寒かったり、雨が続いたりするだけで、気分は滅入りがちになります。
カラッとした天気、心地良い風を感じると、不思議と気持ちが軽くなります。

そして、なんと言っても、人の笑顔です。
正直、朝からブルーな日もあります。そんな日に、家からのエレベーターの中で、そして通勤途中の道で、何人かの人に会います。知っている人も知らない人も、笑顔で挨拶をしてくれたり、ドアを開けて待っていてくれたりします。笑顔をもらうと、思わずこちらも笑顔を返します。その繰り返しで、少しずつ元気になっていきます。

たぶん、笑顔をつくることで、単純に脳が「この人はうれしがってる、楽しがっている」と誤解するからではないでしょうか。

日常の生活の中で、たくさんの人の笑顔にふれられることが、心を『楽』にして暮らせる大きな理由ではないかと思います。
人は、人によって傷つけられますが、人によって癒され、助けられるのです。しかも「笑顔」という誰もが持っているだろうもので・・・さ、笑顔で肩の力を抜いてがんばろっと。


新しい命 イオラニ宮殿にて

ホノルルダウンタウンにあるイオラニパレス(宮殿)の庭にある木から新しい芽がいくつも出でいるのを発見。
ちっちゃいけれど、生命力と勢いを感じました。


シェア