最近のキュートの仕事の最近のブログ記事

言葉のニュアンス

|

ウェブのコンテンツにしても、動画にしても、日本語と英語のものを作ることが多いです。

キュートウェブでは、英語のものを日本語にする場合には、英語が読める日本語ネイティブが英語から日本語に訳し、日本語を英語にする場合には日本語が読める英語ネイティブが日本語から英語に翻訳します。
 
そこで、いつも困ってしまうのが、それぞれの言語の持つ「ニュアンス」です。
 
例えば、日本語から英語にした時、英語が読める日本語ネイティブが内容をチェックします。
 
日本を英語に直して終わり、英語を日本語に直して終わりではないんです。
つまり、そこにそれぞれの言語が持つ「ニュアンス」を確認する作業をします。
 
直訳するだけでは伝わらない、ちょっと違うんだよなーということは結構あります。
その後ろに、その言葉を使う「文化」や「慣習」が深く関係してくることもあります。
翻訳するにも、その背景にあるものの知識がないとできないことがあるので、必ずと言っていいほど、リサーチや勉強をします。なので、結構時間がかかるんです。
 
今回、3月のホノルルフェスティバルで長岡の花火が上げられるということで、新潟県の長岡市長さんのインタビューをさせていただき、日本語と英語で記事を作りました。
実際にお会いする前に、長岡のこと、長岡花火のこと、長岡市長さんのことをたくさん調べました。記事を作る時にもあれこれ調べながらやりました。初めて知るようなこともあって、勉強になりました。
 
とても良いお話でした。
なぜホノルルで長岡の花火が上げられることになったのかや市長さんの志しが語られたとても良いお話です。
 
英語に翻訳した記事を読みながら思わず涙が出そうになりました。
どうしてって?
市長さんのあの話を英語にして出すことで、市長さんの思いを世界の人達に伝えることができる・・・そのお手伝いができる、それが何だかうれしくて、感激してしまいました。
市長さんのあの思い、世界中のたくさんの人に知ってもらえるとうれしいです。
 
もしよければ、読んでみてくださいね。
 
 
新潟県長岡市長インタビュー

[ 英    語 ] http://www.honolulufestival.com/eng/reports2011/nagaoka02.php

[ 日本語 ] http://www.honolulufestival.com/jp/report2011/nagaoka02.php

 
ヒルトンハワイアンビレッジ
ルトンハワイアンビレッジのあまり目立たない一角にある庭園
南の島を思わせる草花と竹が一緒に植えられていてちょっと不思議

シェア

憧れの新潟県長岡市長さん

|

今年のホノルルフェスティバルの見所の一つでもある新潟県の長岡花火の打ち上げ。
それにあたり、昨年末に、新潟からその長岡花火の関係者の方がホノルルにいらっしゃるということで、インタビューさせていただきました。

その第二段として、近く長岡市の市長さんのインタビューがあります。

ホノルルフェスティバルに長岡花火がやってくるとなってから、長岡花火のことだけでなく、長岡の市長さんの記事やブログを見つけては読ませていただいています。
そして、長岡の市長さんにとても興味を持ちました。なので、今からお会いできるのが楽しみなんです。

昨年8月の長岡花火で、地元FM局が行ったライブストリーミングで長岡市長さんがお話されていたのですが、地域が発展するパワーの源は 『市民力』で、市民の皆さんが自分達の住む地域に愛着と誇りを持つことでそれが発揮できるとおっしゃっていました。

また、「花火外交」とおっしゃっていましたが、長岡の花火をきっかけに多くの人に長岡を知ってもらえるように頑張っているとも言っておられました。

東国原元宮崎県知事や橋下大阪府知事は、テレビ等でしばしば熱い思いと信念を持って県民ために一生懸命働く姿を見ましたが、長岡の市長さんにも同じものを感じ、正直、感動しました。
偉そうですが、「長岡は大丈夫!」と思いました。長岡の市民の皆さんをうらやましくも思いました。

長岡の市長さんがおっしゃっている 市民の皆さんが自分達の住む地域に愛着と誇りを持つことで生まれる『市民力』が地域の発展につながるということに関しては、私達もその通りだと思っています。

実際、数年前から 

“ ホノルルフェスティバルを ホノルルの人に愛されるようなイベントにする ”
” ホノルルフェスティバルを 地元の人に支えられたイベントにする "
“ ホノルルフェスティバルを ホノルルの人が自慢できるイベントにする ”

ということをゴールに掲げて、社内、社外で言い続けてきました。

そして、昨年2010年からは地元の大学の学生と "Share your Voice" というプロジェクトを立ち上げ、学生の皆さんにフェスティバルに参加してもらうことにしました。
会場でのインタビューやステージの様子、パレードなどをライブストリーミングし、ホノルルフェスティバルを世界に配信するのです。

ライブストリーミングをするという話が出たときに、単にプロ軍団でそれをやってしまうというのはもったいないと思いました。ホノルルフェスティバルが地元コミュニティーと結びつきを築くためにも、フェスティバルを地元の人(= 学生)に知ってもらうためにも、地元の学校の学生さん達が参加して一緒にやることが重要で、それが目指していることにつながると思ったのです。

学校という地元のコミュニティー、そして若い世代に、ホノルルフェスティバルをに見て体験し、知ってもらい、一緒に盛り上げ、プロジェクトを成功させるということから始めて、ホノルル、ハワイの人達が世界に誇れるようなフェスティバルになっていくことを目指しています。

今年2011年も、学生の皆さんとのプロジェクト"Share your Voice" をやります。実は明日、そのことで学校へ行きます。キラキラ光る才能を持った学生さんがたくさんいるんですよ。

その学生さん達と一緒に、長岡の市長さんの「花火外交」に大きく貢献できれば、これほどうれしいことはないです。
 

KCC 2010
2010年のShare your Voice プロジェクトメンバー

 


シェア

長岡花火インタビュー

|

来年2011年の3月11日から13日までの3日間、ホノルルで開催されるホノルルフェスティバルで、新潟県の長岡花火が打ち上げられることになりました。
最終日にワイキキのカラカウア大通りで行なわれるパレードの後、ワイキキビーチ沖でその花火は上がります。

その長岡の関係者の方がホノルルにいらっしゃるということで、インタビューに行ってきました。

インタビューの時間より1時間早く現場に入り、窓からの光の入り具合と背景を考えながら、撮影場所を決定。
壁にかかっていた額や棚の上の置物も動かさせていただき、かなりシンプルな背景でいくことに。
ただ、カメラをひいた時に、焼き物の壺とハワイらしくフラガールが入るようにと、アクセントで棚の上に残すことにしました。
あれこれ好き勝手に動かさせていただいた上に、ホノルルフェスティバルの常務理事さん自らがせっせと運ぶのをお手伝いくださいました。ありがとうございます!

そして、長岡の皆さんがいらっしゃる時間。ほぼ時間通りにご到着となりました。
ふと、インタビューの席を見ると、光が入り込んでる・・・ 当たり前だけれど、日が傾いてしまったのです。
即、直接入ってくる窓のブラインドを閉め、それ以外を開けて対応。 暗くなることもなく差し込んだ光だけシャットアウトに成功・・・良かった・・・。
準備しても、大小何らかのハプニングがつき物のインタビューや取材。インタビューまでの準備はもちろん、その場での柔軟な対応が求められますね。

そして、インタビューは無事に終了。最後に皆さん集っての写真撮影をしたのですが、ホッとされたのか、とても良い表情での写真が撮れました。

今回のインタビューの内容は、ホノルルフェスティバルのウェブサイトで日本語と英語で公開されることになります。公開日は検討中ですが、今月中に公開されると思います。

 長岡はなび


シェア

 テンプテーションズ、ご存知でしょうか?

1960年代に「マイガ~ル、マイガ~ル、マイガ~~ル ・・・」の 『マイ・ガール』という曲で大ヒットしたモータウンサウンドのグループです。

そのテンプテーションズが、コンサートのためにハワイに来ています。
同じくモータウンサウンドのフォー・トップスというグループが加わってのコラボ・コンサートです。
フォー・トップスは 『エイント・ノー・ウーマン』 が結構有名です。


今回、ハワイ島(ビッグアイランド)でのコンサートのためのポスターとチラシに日本語を入れるご依頼があり、限られたスペースに最大限キャッチーな言葉を入れるには「まずグループのことをよく知らないと!」と調査を開始。

いろいろ調べていたところ、テンプテーションズとフォー・トップスの組み合わせは、実は結構なゴールデンコンビ(←ちょと古いですか...)だったりするのではないかということが判明。Youtubeで「テンプテーションズ VS フォー・トップス」という企画ものの昔のテレビ番組映像があり、たまらない人にはたまらないコンサートになるのだろうと思いました。

実は、おとといの夜に知ったのですが、昨晩、オアフ島でも当オフィスのご近所のブレイズデイル・アリーナでコンサートがあったようです。
ハワイ島では、明日、8月14日(土)にワイコロア・ビーチ・マリオット・リゾート&スパであります。
ハワイローカルのおじ様&おば様たちが、若きあの頃にタイムスリップして、気持ちよさそうにノリノリで踊りまくることと思います。素敵なディスコナイトを!

The Temptations and the Four Tops


シェア

名刺つくりました

|

 名刺を作りました。

いつもご注文いただく常連のお客様で、これまでの白黒の名刺と色を変えた黄色の名刺が欲しいとのことでした。

そこで、白黒の名刺を黄色に。
単純に下地を黄色にして、文字を黒のままだと、ちょっとキツイ感じのカラーコントラストになってしまいます。
インテリア系、アンティーク関連の記事を書く女性のライターさんが使う名刺なので、ちょっとやわらかい印象にしたほうがいいと思い、文字を茶系でまとめました。名前のイニシャル部分の色を明るい茶色にして、少しばかりのアクセントをつけています。

 

名刺



そして、以前から投げたら刺さるぐらい厚くてしっかりした紙で作って欲しいと言われていたのですが、ハワイではなかなか見つからず、いつも厚めのものでお渡ししていました。

 

そこで、前回ご注文いただいた後、オアフ島以外の印刷会社をいくつもリサーチし、その中から試しに自分たちの名刺をオーダーしてみて、良い印刷会社を見つけ出しました。

そして・・・ ついに・・・  今回・・・ 「厚くていいねぇ~」と大変喜んでいただくことができました!


それから、お客様が名刺をお渡しする方は日本の方が多いので、QRコードを付けさせていただきました。
「全部任せる!」と言われたのを言いことに、名刺の裏に勝手につけちゃいました。
「ハワイの人の名刺でこんなのついてるのは私だけだよ、きっと~ 」と、これまた大変喜んでいただきました。

が・・・実は当社のスタッフの名刺はずっと前からついてるんです・・・。すみません 

ともかく、喜んでいただけたようで、「一度見たら忘れられないような名刺をお願い」と、ずいぶんザックリとした新しいデザインのご注文を残してお帰りになりました。

一度見たら忘れられないような名刺・・・考えてます。


シェア

久しぶりにハワイ島

|

 先日、仕事でビッグアイランド(ハワイ島)に行ってきました。

久しぶりだったのですが、改めて良い島だなぁ~と感じました。
何が良いかというと・・・ 「時間がゆったりとした雰囲気がある」、「ごみごみしていない」、「人が良い」などでしょうか。

日本からオアフ島に遊びに来た人から、「時間がゆっくり流れていていいねぇ。」とか、「みんなニコヤカで、親切ねぇ。」と言われることがありますが、全くそれと同じ感じです。オアフ島にいる私がハワイ島に行ってそう思うので、オアフ島以上にそうなのではないでしょうか。

でも、以外とそこに住んで、働いている人は忙しかったりするんですよね。


ところで、なぜハワイ島に行ったかというと・・・仕事でした。
ある日本の会社のプライベートパーティーでの仕事です。

某高級リゾートホテルの庭で生バンドを入れ、日本からゲストシンガーも招き、ポリネシアンショーまでやってしまうというすごいパーティーでした。
パーティーの最後に、会場の大スクリーンでパーティーの様子を撮影した写真を流したいということで、当日その場でスライドショーにして流しました。

当日作業で時間がないものの、ちゃんとしたものが作りたいと考えると、ある程度作り込んで行って、当日は最小限の作業のみにしないと危ない・・・ かなりプレッシャー。

ハワイらしい映像から入って、パーティーの様子を入れて ・・・

ハワイらしい映像って何?
ハワイ島だから、ハワイ島らしいもの?

ラバ(溶岩)?  レフア(ハワイ島の花)?  ね南国っぽい緑の大きな葉? ・・・
絵柄、色合いとして きびしい感じ ・・・

やっぱり、みんなが抱いき憧れるハワイの明るいイメージ、鮮やかな色でいこうとなり、あれやこれやしつつ、まずは決定。


そして、パーティーの最後を「感動」で終わらせたいというご依頼。「感動」と言えば音楽。
音楽で人の気持ちや印象が大きく変わってきます。
パーティーのスクリプトを片手に、パーティーの終わりの様子を想像しつつ、曲を聴きまくりました。
静かな曲? 明るい曲? ハワイらしい曲? 
パーティーゲストのカラーもあるし、パーティーの最初からつながって、最後をどう演出するかで選ぶ曲が変わってくるよなぁと頭を悩ませながら、イメージを膨らませていきました。

で、結局、さわやかでポップなハワイアンから始まり、ハワイアン・スラックキィーギターの静かな音色で締めるというところで落ち着きました。ハワイ島でのパーティーなので両方ともハワイ島のミュージシャンの曲にしました。


演出する人は、“自分の思うようにできる”のだけれど、“思うようにする” ことが重要で、それが大変。
責任重大です。

“思うようにする” ということは、築いては迷い、疑い、ある時には壊しながらイメージを明確にしてゆき、イメージが出来上がったら、それを関係者に明確に伝え、イメージを共有しながら協力してもらうこと、そして、練習やリハーサルを重ねること。もちろん他にも色々ありますが、とにかくエネルギーと根気のいることです。


今回の仕事は、前もっての演出の準備と当日の時間との戦いでした。
ゆったりしたビッグアイランドで、緊張感のある仕事をさせていただきました。 

party

 


シェア

ライブストリーミング

|

3月12日(金)から14日(日)に開催されたホノルルフェスティバルで行ったライブストリーミングを振り返ってみます。

インターネットを使ったライブ中継は、今年が始めてということもあり、いろいろ大変なこともありました。

その一つがストリーミングに十分なインターネット回線を確保するということ。
フェスティバル開催前にワイキキのワイキキビーチウォークで行われた地元メディアを招いてのプレスカンファレンスでは、回線を用意してもらえる時間がなく、テスト的&ゲリラ的にストリーミングを決行。
前の晩にワイキキビーチウォークで使える回線をチェックし、どうにか回線をゲット。そして当日を迎えたのでした。やはり、そこで使え、なおかつ一般的なお値段もリーズナブルな回線だったこともあり、きびしい状況・・・・。
結果は・・・十分な回線が確保できずにカクカクに。

ただ、自前のテーブルを持っていってカメラやPC、ミキサーなど機材をセットしたので注目度は抜群。"何だかやってるぞ"的な注目度があり、フェスティバルのPRにも一役買ったのではないかと・・・。
観光局の偉い方や財団理事長などもインタビューに応じてくれました。
 

そして、いよいよフェスティバル当日に行ったストリーミングは大きく分けて2つ。
「次世代に伝えたい一言(Share your voice with the next generation)」とイベントのフィナーレとなるグランドパレードの配信です。

このプロジェクトは、地元の大学カピオラニ・コミュニティ・カレッジ、通称KCCとのコラボレーションという形で企画し、基本的に生徒たちが各種機材の操作からMCまで行い、世界にフェスティバルを紹介することにしました。"イベントは地元に根付けば大きく成長する"と考えから、フェスティバルを地元に根付いたイベントにするための最初のチャレンジでした。

「次世代に伝えたい一言(Share your voice with the next generation)」は、その字のごとく、ご来場の皆さんや出場者のみなさんに次の世代に伝えたいことは何かをインタビューして、ストリーミングをするというもの。
アラモアナセンターに近いハワイコンベンションセンターという大きな会場で、clearwire といいうワイヤレス回線を使用しました。なかなかの回線だったものの、壁が頑丈で厚いとかで時々回線が切れたりしました。
それでも、それほど大きな支障はなくどうにか終了。

KCCの生徒さん達が少しずつ自分の役割や機械などに慣れていくことができるようにと、段階的に作業プログラムを組んだこともよかったように思います。最初からストリーミングをガンガン行っていくような人集めとスケジュールを組んだらちょっと厳しかったかもしれません。
 
そして、最後のライブストリーミングの集大成として、イベントのフィナーレとなるグランドパレードのストリーミングを行いました。ここの回線はとても良いものを用意してもらったようで、担当の方が前日にテストまでしてくださったと、イベント終了後知り、感激しました。
ストリーミングをしながら、日・英・韓の三ヶ国語でtwitter を投げていましたが、時々止まってしまうものの、頑張って配信してくれていたように思います。
 
改善点はいくつもありますが、また来年、違うイベントでも行っていきたいと思っています。
良いイベントは世界に配信しないともったいないです。
 

 


シェア

 2010年3月2日(火)、ワイキキの「ワイキキ・ビーチ・ウォーク」で、主に地元メディアを対象に第16回ホノルルフェスティバルのプレスカンファレンスが開催され、その様子をライブストリーミングしました。

会場はアウトドアで、その日は朝から天気が良く、ハワイの心地いい風にヤシの木がそよぐ気持ちの良い日でした。 

ハワイでストリーミング

カンファレンスの開始は10時半。開始の1時間半までに会場入りし、機材をセットアップしました。会場の準備をしている人と音響の人と話をしながら、準備を進めていきます。

streaming101.jpg

 ほぼ準備も完了。
1台のPCは、映像切り替え用。もう1台では、twitterで会場で何が行われているか、何が起こっているかなど、情報を発信。

ハワイでストリーミング

ホノルルフェスティバルの理事長さんにインタビュー。
赤・白・青のアメリカンカラーのホノルルフェスティバルのオリジナル半被とハワイのククイレイが似合ってますね。気さくなとってもいい方です。 

ハワイでストリーミング

この日、ライブを行ったハワイを代表する女性ウクレレプレーヤータイマネ・ガードナーさんにもインタビュー。とっても可愛らしい声でいろいろ答えてくれました。
スレンダーで透明感があり、天使をイメージさせる彼女。その演奏は、軽やかにやさしい音を奏でるかと思えば、ものすごい指さばきで熱く激しい早弾きのパフォーマンスを見せてくれます。
ホノルルフェスティバルでも演奏ステージがありますので、たくさんの人に見ていただきたいです。あのウクレレでの早弾きは見ないと損です。ウクレレであそこまでできるんだ・・・と。ポロン、ポロンという和みのウクレレのイメージが吹っ飛びます。

ハワイでストリーミング

ということで、ストリーミングは終了。
今度のストリーミングは、ホノルルフェスティバル当日の3月13日(土)、14日(日)です。
13日はハワイ・コンベンション・センターという大きな会場で、地元の大学生と一緒に「次世代に伝えたいひと言」をテーマに会場に来る人たちの声を配信します。
また、14日はフェスティバルのフィナーレでもあるワイキキカラカウア通りでのグランドパレードを中継します。


シェア

KKF オハナデイ取材レポ2

|

オハナデイ(2009年7月4日)が終わって、約2週間が経ちました・・

Cuteスタッフからのオハナデイウェブサイトアップデートもそろそろ終盤に近づいています。

今回のイベントレポではたくさんの動画を上げよう!ということで、
各種アクティビティーやミュージシャンの様子、
またオハナデイを裏で支えている方々のインタビューなど
盛り込んだ動画をたくさん上げました

ここでやっぱり欠かせない、そして便利なのはYoutube 
Youtubeのコニシキキッズチャンネルにもバンバン動画が上がりました

ほぼ終了した、動画は全部で22本 

編集もたくさんあったけど、CuteインターンのG君がさくさく制作してくれたお陰で、
皆さんにたくさんお見せすることができました ありがとう~G君

コニシキキッズももっと成長して、ハワイ中、世界中の人々に支援さえるNPOになって欲しいです
そのためには、こうして、一歩一歩 
皆さんに知って欲しいコニシキキッズ(コニシキさんの気持ち)のことをできる限り多くの人々に
お見せすることです

イベントを機にTwitterも始まりましたし 

来年、第3回オハナデイで会場に入れないくらいの人を集めることが目標です

オハナデイのレポートウェブサイトはこちら
http://jp.konishikikids.com/ohanaday/2009/index.php

Youtubeのコニシキキッズチャンネルはこちら
http://www.youtube.com/user/KonishikiKids

 


シェア

第2回 オハナデイ!

|

 コニシキキッズのイベント「第2回 オハナデイ」が7月4日のアメリカ独立記念日、
インディペンデンスデイに開催されま~す 

去年初めてのオハナデイがハワイアン・ウォーターズ・アドベンチャー・パークで
開かれたんだけれど、約3500人の人々が集まりました。 
はるばる、オアフ島の西部に位置するハワイアン・ウォーターズ・アドベンチャー・パークまで。
地元に住むローカルのハワイアンが多かったけど、
観光で来ていた日本人もちらほら見かけましたよ

今年はハワイアン・ウォーター・アドベンチャー・パークが「ウェッティン・ワイルド」と
名前を変えたので、ウェッティン・ワイルドで行われます  

といっても、名前が変わっただけで、ウォーター・アドベンチャー・パークはそのままです 

アトラクションは絶叫ものから、ゆったりしたものまで、たくさん。
新しくできた、トルネードというアトラクションが気になる

オハナデイのサイトを作ったので、ご覧ください~。といっても、まだ英語だけ

日本語サイトはもう少しお待ちを

http://www.konishikikids.com/ohanaday/

 

 


シェア