最近のキュートの仕事: 2010年3月アーカイブ

ライブストリーミング

|

3月12日(金)から14日(日)に開催されたホノルルフェスティバルで行ったライブストリーミングを振り返ってみます。

インターネットを使ったライブ中継は、今年が始めてということもあり、いろいろ大変なこともありました。

その一つがストリーミングに十分なインターネット回線を確保するということ。
フェスティバル開催前にワイキキのワイキキビーチウォークで行われた地元メディアを招いてのプレスカンファレンスでは、回線を用意してもらえる時間がなく、テスト的&ゲリラ的にストリーミングを決行。
前の晩にワイキキビーチウォークで使える回線をチェックし、どうにか回線をゲット。そして当日を迎えたのでした。やはり、そこで使え、なおかつ一般的なお値段もリーズナブルな回線だったこともあり、きびしい状況・・・・。
結果は・・・十分な回線が確保できずにカクカクに。

ただ、自前のテーブルを持っていってカメラやPC、ミキサーなど機材をセットしたので注目度は抜群。"何だかやってるぞ"的な注目度があり、フェスティバルのPRにも一役買ったのではないかと・・・。
観光局の偉い方や財団理事長などもインタビューに応じてくれました。
 

そして、いよいよフェスティバル当日に行ったストリーミングは大きく分けて2つ。
「次世代に伝えたい一言(Share your voice with the next generation)」とイベントのフィナーレとなるグランドパレードの配信です。

このプロジェクトは、地元の大学カピオラニ・コミュニティ・カレッジ、通称KCCとのコラボレーションという形で企画し、基本的に生徒たちが各種機材の操作からMCまで行い、世界にフェスティバルを紹介することにしました。"イベントは地元に根付けば大きく成長する"と考えから、フェスティバルを地元に根付いたイベントにするための最初のチャレンジでした。

「次世代に伝えたい一言(Share your voice with the next generation)」は、その字のごとく、ご来場の皆さんや出場者のみなさんに次の世代に伝えたいことは何かをインタビューして、ストリーミングをするというもの。
アラモアナセンターに近いハワイコンベンションセンターという大きな会場で、clearwire といいうワイヤレス回線を使用しました。なかなかの回線だったものの、壁が頑丈で厚いとかで時々回線が切れたりしました。
それでも、それほど大きな支障はなくどうにか終了。

KCCの生徒さん達が少しずつ自分の役割や機械などに慣れていくことができるようにと、段階的に作業プログラムを組んだこともよかったように思います。最初からストリーミングをガンガン行っていくような人集めとスケジュールを組んだらちょっと厳しかったかもしれません。
 
そして、最後のライブストリーミングの集大成として、イベントのフィナーレとなるグランドパレードのストリーミングを行いました。ここの回線はとても良いものを用意してもらったようで、担当の方が前日にテストまでしてくださったと、イベント終了後知り、感激しました。
ストリーミングをしながら、日・英・韓の三ヶ国語でtwitter を投げていましたが、時々止まってしまうものの、頑張って配信してくれていたように思います。
 
改善点はいくつもありますが、また来年、違うイベントでも行っていきたいと思っています。
良いイベントは世界に配信しないともったいないです。
 

 


シェア

 2010年3月2日(火)、ワイキキの「ワイキキ・ビーチ・ウォーク」で、主に地元メディアを対象に第16回ホノルルフェスティバルのプレスカンファレンスが開催され、その様子をライブストリーミングしました。

会場はアウトドアで、その日は朝から天気が良く、ハワイの心地いい風にヤシの木がそよぐ気持ちの良い日でした。 

ハワイでストリーミング

カンファレンスの開始は10時半。開始の1時間半までに会場入りし、機材をセットアップしました。会場の準備をしている人と音響の人と話をしながら、準備を進めていきます。

streaming101.jpg

 ほぼ準備も完了。
1台のPCは、映像切り替え用。もう1台では、twitterで会場で何が行われているか、何が起こっているかなど、情報を発信。

ハワイでストリーミング

ホノルルフェスティバルの理事長さんにインタビュー。
赤・白・青のアメリカンカラーのホノルルフェスティバルのオリジナル半被とハワイのククイレイが似合ってますね。気さくなとってもいい方です。 

ハワイでストリーミング

この日、ライブを行ったハワイを代表する女性ウクレレプレーヤータイマネ・ガードナーさんにもインタビュー。とっても可愛らしい声でいろいろ答えてくれました。
スレンダーで透明感があり、天使をイメージさせる彼女。その演奏は、軽やかにやさしい音を奏でるかと思えば、ものすごい指さばきで熱く激しい早弾きのパフォーマンスを見せてくれます。
ホノルルフェスティバルでも演奏ステージがありますので、たくさんの人に見ていただきたいです。あのウクレレでの早弾きは見ないと損です。ウクレレであそこまでできるんだ・・・と。ポロン、ポロンという和みのウクレレのイメージが吹っ飛びます。

ハワイでストリーミング

ということで、ストリーミングは終了。
今度のストリーミングは、ホノルルフェスティバル当日の3月13日(土)、14日(日)です。
13日はハワイ・コンベンション・センターという大きな会場で、地元の大学生と一緒に「次世代に伝えたいひと言」をテーマに会場に来る人たちの声を配信します。
また、14日はフェスティバルのフィナーレでもあるワイキキカラカウア通りでのグランドパレードを中継します。


シェア